③紫外線はUV-A、UV-Bで何が違う?

暖かくなってくると、紫外線対策しなきゃと思うことありませんか?

でも、紫外線と一言に行っても、地球に降り注いでいる紫外線にはUV-AとUV-Bの2種類があるのをご存知でしょうか?

紫外線は、太陽から放射される化学光線で、UV-A、UV-B、UV-Cの3種類に分けられます。
( →詳しくは地球には紫外線(UV)カット機能がある!?日焼け対策のポイントは?こちらから) 

そのうち、地球上に降り注いでいる紫外線は UV-A、UV-Bの2種類です。


UV-A、UV-Bの 特長

UV-A(紫外線A波)は、波長の長い化学光線で、お肌の奥深くの真皮まで届き、お肌の「ハリ」の元である、コラーゲン組織やエラスチンを破壊します。(お肌をベッドに例えると、コラーゲン=スプリング、エラスチン=スプリング同士を繋ぎ留める枠、のイメージです。) コラーゲンやエラスチンが破壊されると、肌の弾力の低下に繋がり、だんだんと肌の溝でが深くなっていき、その結果シワ・たるみの原因となります。

UV-B(紫外線B波)は、 波長の短い化学光線で、お肌の 表面の細胞を傷つけたり、炎症を引き起こします。長時間、強い日差しを浴びた後、お肌がヒリヒリするのはこの UV-Bの影響です。 また、お肌は UV-Bを浴びると、肌内部の一つ一つの細胞内の核を守ろうとして、メラニンを生成します。このメラニンは自らを黒くして細胞の核を守る為、これがシミ・そばかすの原因となります。メラニンはその黒くなる特長から、女性からは嫌がられる存在ですが実は大切なカラダを守る、頼もしい存在なのです。(→詳しくは シミ・そばかすはイヤ!!メラニンは悪者?? こちらから)

UV-A、UV-Bのケア方法

UV-Aは、太陽の位置がもっとも高くなる5月に多くなります。また、最も少ない冬の時期でも、紫外線量は夏に比べて2分の1にしかならず、年間として対策をする必要があります。また、夕方の時間帯や、冬の季節などは太陽の位置が低くなるタイミングは

続きはこちらから

地球には紫外線(UV)カット機能がある!?日焼け対策のポイントは?

→紫外線は年々増加している?

→紫外線はUV-A、UV-B、でどう違う?シミ・シワの原因とは?

→シミ・そばかすはイヤ!!メラニンは悪者??

~エストリモのオススメの紫外線対策はこちら~

①頭皮対策 日焼けした頭皮に優しいシャンプー

②お肌対策 植物の美容液でお肌を潤しながら、紫外線からもブロック

③色白対策 ビタミンでカラダの中から色白をサポート

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする